FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

永遠の少年

2010/04/17 Sat 04:24

現代社会に生きている「永遠の少年」たちは、我々心理療法家を訪れてくることがあるが、ユングの弟子のひとり、フォン・フランツはそのようなイメージを見事にスケッチしている。彼らは社会への適応に何らかの困難を示しているが、彼らは自分の特別な才能を曲げるのが惜しいので、社会に適応する必要はないのだと自らに言い聞かせたり、自分にぴったりとした場所を与えない社会が悪いのだと思ったりしている。ともかく、色々考えてみるが未だその時が来ない、未だ本物だ見つからない、と常に「未だ」の状態におかれたままでいる。

・・・・(略)

もう少し気の利いた少年は死を免れはするが、ともかく突然の落下の後にはしばらく無為の生活が続き、また、ふとあるとき、全く新しい形態をとって上昇に向かう。彼らは今日はマルクス、明日はフロイトと華々しく活動するが、その間に連続性のないことを特徴としている。(河合隼雄著 母性社会日本の病理)



あああ… まさに私のことのような…orz
I think... | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。