スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

夢分析 砂金と植物

2010/01/25 Mon 18:26

テレビ番組を見ている。南米のアマゾンにある大きな河。その河の水量はとても多いが、中国から進出してきたメーカーがその水を使って飲料水を製造するために最近水量が減ったようだ。また近くに金鉱脈があり、この河の水から砂金が取れるので、この辺りの水や砂に対して政府の管理が厳しく、勝手に砂や水を取ってはいけなかった。

観光客に対しては政府から少量ずつの砂が与えられ、そこには砂金が入っていたり、発芽して5センチぐらいに伸びた植物が入っていたりする。ある夫婦の砂には植物が入っており、夫婦はそれに水を与え、大切に育てようとしている。

-----------------------------------------

とてもいい夢な感じです。「砂金」はたくさん集まって「金」になり、「植物」はこれから「大きな木」になるのでしょうか。どちらも同じ意味の貴重なものの象徴のような気がします。「河」は水量が減ってきているところは気になりますが、「金」を生み出す「賢者の石」みたいな感じですね。全体性や個性化の過程への始まりを表しているのだとしたらうれしいです。
夢分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。