スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Eine kleine Nachtmusik

2009/11/04 Wed 17:25

夢や無意識や元型なんてものについて考えていると、本当に自分という存在がこの肉体を持っている間だけのものなのかが疑問に思えてきます。虫の翅ですらあれだけ完璧にデザインし得る、存在するであろう創造主がドラマの最初の部分、例えば「アマデウス」ならば、サリエリと神父の最初のやり取り、アイネクライネナハトムジークに反応した神父に対して、「いや、これは私のではないんだよ。これを作ったのはモーツァルトだ」というところだけを見せて後は知らん振りのようなことをするでしょうか。

江原なんちゃらさんなどと同じことや、「先祖の霊が~…、印鑑買いなさい~」なんてことを言おうとは思いませんが(笑)、存在の深さと大きさをほんの少しですが感じられているのかもしれません。
I think... | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。