スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

自分自身との関係

2009/12/29 Tue 12:52

宗教画・仏像・曼荼羅・経典・聖書などは神聖なものを形にしたものですが、実はそれらは外にあるのではなく、無意識の中に存在する象徴を、それを認識できた人がそのイメージや意味、関係を忘れないために外に投影したのかなと思うのです。外部に投影されたものが切り離され、信仰の対象になるなどは、それぞれの内部にある神的なものとの関係を忘れることであり、また、自分自身との関係を忘れることになるのでしょうか。

夢について考えていると本当に意味や価値のあるものはこころの中のとても深い場所にあるのではと感じます。ただ、そこへ辿り着く困難さは、竜と剣が出て来る様な神話・伝説においての、目的物へ至る道の険しさと同じぐらいなのかもですね。

内部にある聖なるものの投影と同様に、内部にある悪を外部に投影するということもあるのでしょうか。怒りを感じたり不快に思うのは、自分が抑圧している「影」の投影と言われますが、もっと大きな悪、普遍的・絶対的悪についてだとどうなるのかはよく分かってません(´・ω・`)ニョローン(考え中) ただ、聖なるものと同じように、悪を外部にあるものと捉えるのは、自分自身との関係を忘れることになるように思えます。
スポンサーサイト
I think... | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。