スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

メモ

2012/04/14 Sat 05:33

そこで、ユングが自伝で次のようにいっていることが、一層よく分かる。「人間にとって決定的な問は、お前は終わりなきものと関わったかどうか? である。それがその人の生活を測る基準である。限りないものを本質的なものと知る時にのみ、無用なものや決定的意味を持たぬものに興味をわずらわされない。それを知らないと、個人的な所有物として思っているおのれのあれこれの特質のために、何かを世間に認めさせようと固執する・・・誤った所有権に固執すればするほど、また、自分にとって本質的なものが感じられなくなればなるほど、人生は不満足なものになる・・・この世ですでに、限りないものに結びつけられているのを理解し感じとると、望みや態度が変わる。究極のところ、人間は本質的なものによってのみ意味がある。 「フォン・フランツ 夢と死」
スポンサーサイト
雑多なこと | コメント(0) | トラックバック(1)

過去最大の体外離脱

2012/01/25 Wed 21:36

すこし目が覚めたときに離脱しそう、と感じたので抜けてみたらあっさりと体外離脱。

最初ははっきりとしないモノクロでしたが、楽しんでみようと思った途端に、それまでの離脱でもなかったぐらいの極彩色のリアルな世界へと。普段が客観的に観察しようとしすぎているために、モノクロの世界なのでしょうか。

いつものように飛び回ったりしてたのですが、今回はすごく安定した感じがしたので、ガイドさんに会いたいと探してみると、何人かが登場。分かりやすくするためか、MMOのように頭の上に「!」とか「○」が表示されていました。

頭の上に「!」の人に話しかけたのですが、不機嫌そうだったので、すぐにやめると、トランス状態の身体へ帰還。


再びチャレンジしてみると、普通に寝床から起き上がった感じだったので、目が覚めて立ち上がったのかと思ったら、すこし浮いて、再び離脱。

今度はある人のお家へ行ってみようと考えたら、コテージのよう造りの素敵なお家へ。

壁やガラスを抜ける時に抜ける感じがあるのですが、これは自分がそういう風に定義しているからであって、抵抗なく抜けられると思えばそうなるのではと考えながら探索していると、おばあさんが1人。

おばあさんは私に気がついて「その人は6時半ぐらいに出かけたから、またおいで」と。

仕方ないのでまた窓を抜けて外へ出て、飛びながらこの世界がかなり深い位置にあるという感じがし、もしかすると、神様(私は特定宗教を信仰していません)に会えるのかもしれないと考えて、雲の多い空の方へ


「神様、自分はどうしたらいいですかね?」と尋ねてみると、


ピューと光の軌跡を描きながら約50センチぐらいの輝く玉がこちらへ飛んできたので、それを
キャッチしてなぜか食べてみる。

特に何の味もせず、半分ぐらい食べたところで満腹になったので、残りは抱えて身体の中へ取り入れる。

--------------------------------------------------------------------

目が覚めるとかなり頭が重かったので、脳みそフル回転で映像をつくりあげているのでしょうか。
しかし、不思議な感じでした。
雑多なこと | コメント(2) | トラックバック(0)

不思議なこと

2011/04/27 Wed 01:21

最近は起きた時に夢を覚えていないことが多く、また寝ようとするときに離脱を試みてもそのまま寝てしまったりしてます。しかし、少し興味深いことがあり、この前の土曜日の25時前(日曜日の午前1時前)ぐらいに布団に入ったときに、徐々に身体の感覚を消していると、明らかに自分のではない気が左側のすぐそばにいるのがわかったんです。それは人型とかそういうものではなく、50~60センチぐらいの大きさに思えました。

「あ、だれかいる」と思ったのですが誰かは分からず、しかし、すごく愛おしい感じがしたので左に寝返って(実際に寝返ったのか、イメージだけで寝返ったのかは覚えてません)その気を抱きかかえるとそのまま寝てしまいました。幸せな感じでしたね。

実は昔からこのようなことがあり、現実では隠してはいるのですが、勘のいい人にはなぜか気づかれたりし、男なのに巫女さんと言われたりもしました。言動が変なのかな?(笑)

見えたり感じたり、自分がおかしいのかと思うこともあります(苦笑) この前、駅ですぐ傍を人がすれ違った時に、自分のではない、多分その方の不機嫌そうな感情を感じたときは、もう勘弁してくださいでした(笑)

見えるに関しての見え方としては、X-Fileのスタッフが作った「ミレニアム」というドラマの中で表現されていた見え方がよくできてると、ドラマを観た時に思ってました。そういう人が監修しているのかな?まあ、それが何か役立ってるかはかなり疑問ですよね(笑)

実はまだありますが、あまり書くと統合失調症と診断されて連れて行かれるかもしれませんので、またの機会に…
雑多なこと | コメント(0) | トラックバック(0)

体外離脱中の食事

2011/04/11 Mon 17:49

明晰夢や体外離脱について過去にも書いたことがありますが、どちらかといえば「超心理学」みたなものに含まれていて、スピリチュアルみたいなことを扱ってないブログで書くのもなんだと思いつつ…

実は以前から意図的に体外離脱をすることができます。まあ、これがすぐさま魂の存在の証明となるとは思いませんしごく主観的な現象ですが、多くの人が同じような現象を報告していることから、何かがあるのかもしれません。

私の体外離脱のやりかたとしては、意識を身体から離す為に、横になってまずはリラックスします。身体の力を抜いてゆっくりしていると、少しずつ身体と意識がずれて感じ始めます。身体よりも意識の方が強く感じられるようになれば、次に意識のほうだけを動かします。色々と方法があるようですが、仰向けから横になろうとするなどがよいようで、うまく抜けられればあとは空を飛ぶなり、まるでマトリクスのような世界を楽しめます

今日は抜けた後にビルかマンションの上のほうから飛び降りて、落ちかけたところを上昇して飛んでみましたが、いつもやってることだな~、そういえばお腹がすいたな~などと考えていたら、目の前に食事が出てきました。

お肉を食べたいな、と思うとそれらしいものがお皿の上にあったので、お箸でつまんで一つ食べてみるとものすごく美味しい。お肉としか考えてなかったためか、食べた感じは鶏肉と牛肉をあわせたようなものでした。

次に飲み物がほしくなったと考えてみました。すると魔法瓶の水筒のような入れ物に入ったジュースが出てきたので飲んでみると、牛乳が多い目のミックスジュースのようなもので、これまたものすごく美味しのです。

不思議な感じですが、状態は普段の覚醒の時よりは少しはっきりしないまでも、体外離脱中ということを意識していますし、冷静に観察しています。

リンクを貼らしてもらっているメイホンさんのブログに体外離脱中の食事について書かれていたのを読んで、やってみたいと思っていましたが、それが叶ってうれしいですね。しかし、当然実際のおなかは大きくはなりませんでした^^;

次はガイドさんにお会いしたいです。
雑多なこと | コメント(4) | トラックバック(0)

サッカー日本代表

2010/05/24 Mon 21:16

こりゃだめだ(´・ω・`)ショボーン

韓国もそんなにいいとは思えなかったけど、それ以上に日本が悪すぎです。以前からあるゴール前にボールを運べずに、横パス、バックパスというのが直ってないし、戦術が見えないですね。あと、選手間のコミュニケーションも少なそうで、チームとしてどうなのかと。ここはインテルをヨーロッパ王者にしたモウリーニョさんにワールドカップの間だけ、いくら出してもいいから監督お願いするとか…
雑多なこと | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。